マイナビ看護師を使ってみたシングルマザーが、求人紹介されるまでの体験談と評判も探ってみた

当サイトへのご訪問ありがとうございます。

私は正看護師で8年近く某病院の外科病棟で働いていましたが、恥ずかしながら1年前に離婚して4歳の子を持つシングルマザー看護師の香織と言います。

子供を引き取ってマンションを出て、実家の近くに移ってきたのです。

当時は夜勤があったので、子供の事を考えたときに常勤の職場のほうが良いと思うようになり、マイナビ看護師を使って転職活動をするようになった体験談、また他の利用者さんの声などもよく調べていたので今回それらをまとめた当ページを作ることに至っています。

今でこそやっと落ち着き、子供と楽しく過ごせるようになってますが、転職活動も初めてだったので四苦八苦の連続だったんです。

微力ながら似たような悩みを持つ方の力になれれば幸いかと思います。

シングルマザーでも安定収入を得られる看護師の仕事を選んで本当に良かった

幼いころから大好きだった祖母が病弱だったのもあって、よく病院に行っていた影響もあって将来は看護の仕事をやりたいと強く考えていました。

日に日に弱っていく祖母を見ながら、私は何も力になってあげられない無力さに悔しさすらあって、いつも泣いていた記憶が残ってます。

人を助けられるような強い女性として生きていきたい、そのためには看護師の道だと心に決めたのです。

正看護師になって病院勤務が決まった瞬間、夢が叶ったと。

まぁそれからのほうが大変な場面は多かったですけど、とても充実でした。

独身時代は夜勤に抵抗は無かったです。寮生活で夜勤手当もあるのでお金に困るケースもなく、明けの平日に昼間から遊びに行くのもできて優越感すら持ってました。

看護師仲間たちも強い女性たちが多く、自立心を高く持ってる人や、給料の少ない夫を支えている人や、共働きの大変さを聞かされていたりで、あまり結婚願望は無かったのです。

ただ、ある時に友人から紹介された彼と一緒になり、子供も産んで一人前の母親となれた自分に驚いたくらいですが、後々そこまで自分の考え方が変化するのにもまた驚いたのです。

シングルマザーとなった今では看護師の生き方を選択できて良かったと思いますね。

看護師が陥りやすい仕事と家庭の両立バランス

なぜ離婚に至ったかというのは人それぞれだと思います。

看護師は比較的安定感と自立できる職業ですが不規則な生活が多いです。

元旦那もIT関係の仕事でたまに夜勤もあって、そんな2人が一緒に住むのがどうなるのか、結婚前は一応理解はあったつもりですが、結果的にはお互いの不満の1つだったのかもしれません。

帰ってきても相手はいつも寝てる時間帯みたいなのが日常で、24時間シフト勤務同士のご夫婦が何十年も成立できている方々は凄いと思いますね。

たぶん元旦那は専業主婦をもらったほうが良かったと思わせられる場面も何度か。

家庭内で生活習慣が異なると、やはりすれ違いができてしまいます。

  • 私も仕事で抱えるトラブルやストレス
  • 不規則生活による慢性的なストレス
  • 子供が泣いているときに何もやってあげられないストレス

などが溜まっていき旦那にあたる日も出たり、夫婦はちょっとの歪みでも生まれてしまうと、それを何とか修復できる人もいればできない人もいます。

うちは浮気など決定的な原因ではなかったのですが、色んなストレスの積み重ねによって最終的にお互いに別れたほうが良いんじゃないかと結論付くまでに時間は掛からなかったのかなと。

そして、ある時期から子供は1人で育ててやるっていう気概が芽生えてきて、それまでは仕事優先で考えていた私が子供の為に全てを捧げても良いと思うようになったのです。

看護師人生で初めての転職活動

結婚前までは「きっと一生この病院で勤めていくんだろうな~」と漠然に思っていたものが、わずか8年足らずで終わって、さらにシングルマザーになっているとは想像もせず。。。

でも、それは特別変な事でも無かったのです。

同僚たちを見てても一身上の都合での退職者、嫁いで専業主婦、別の病棟へ異動、病院を変える、転勤夫に付いて県外に行く、などなど別れも多かったのです。

実際に色んな病棟を見てるとシングルマザー看護師は何人もいたので特別珍しいわけではなかったですね。

それにただでさえ毎年後輩は入ってくるので、看護師は人数調整もされていきます。

大変な仕事を一緒に働いてきた仲間たちは定期的に会うので寂しさなんかは無いです。

それでもみんな年々何か事情を抱えたり変化はするんですよね。

ここにきて一大決心をするのです。

シングルマザーとなってからは退職する前に次の職場を決めておかないとなりません

そんな自分都合を今の病院に甘えるなんて都合の良い話も言えず、それまでその病院の世界しか知らない私だったので、他の施設についての情報も知らないところから始まりました。

同様に看護師をやっている旧友もいる実家近くに部屋を借りて、その周辺で働こうと考え、2時間くらい離れたエリアですが夜勤明けに子供を連れて、人生初のハローワークに向かいます。

これがなかなかキツかったです。

眠い上に、子供は電車で泣いて、ハローワークでも条件があう求人がそうそう都合よくあるわけもありません。

「うわ~、シングルマザーって本当に大変なのね・・・」と噛みしめながらも何度も通って、パソコン端末で最新の看護師求人をチェック、面談まで行って、をほんの限られた時間で行っていくのですが、条件が合わなかったりシングルマザーな部分で弾かれたり、まぁシングルマザーになるのについては自分が甘く考えすぎていたかもと少々後悔気味になりました。

確かに雇う側の目線になって考えてみると、正看護師だからと言ってシングルマザーでは

  • 夜勤ができない
  • 託児所が必要
  • 急に休まれる
  • 身元保証人となる夫がいない

など信頼性に欠けるのだと感じました。

女性ドクターですら女性なだけで雇用を敬遠されるのを聞いた事があって、まだまだ女性は社会で立場が弱いんだなと痛感ですね。

もうなりふり構っていられないと焦りも感じたときからネットでも幾つか求人情報を探すようになりました。

マイナビ看護師で気になる求人を発見

実家近くのエリアでシングルマザーの求人がないか検索中にたまたま見たのが

正看護師 求人募集
・正社員 ・透析室勤務 ・日勤のみ ・託児所付き・36万円~
24時間託児所つき 正看護師 求人募集
・正社員 ・日勤と夜勤 ・母子寮付き ・託児所付き ・38万円~

などの結構よさげな転職情報がいくつか出ていたんです。

ネットで出てくる求人は、だいたいどこかの求人サイトが仲介されています。

応募するにはその求人サイトに登録する必要があるんですね。

私は3つほど登録です。

念のためにそれら求人サイトの評判や口コミなども調べていたら、

あるエージェントで転職活動でしたが、そこは看護師専門ではなかったので、電話での担当者が知識が薄くてイマイチ信用できなかった。
やっぱり看護師専用で扱ってるところのほうが圧倒的に安心できると思った。
子育てが終わって復職した看護師だけど、そのとき使ったのがクリニック求人が多く扱われてるサイト経由でした。
ハロワだとブランク有りなのを指摘されて、役人さんに何だか見下されたみたいのがあって遠のいていき、ネット検索してた中で見つけたんだけど今どきはそっちも良いのかもね。
いくつかのサイトから看護師求人を紹介いただきました。
担当者は当たりハズレがあると思います。
良い案件でも電話口の対応が悪いとそれだけで敬遠しがち。
だから幾つか登録を行ってみて相性の良い担当者に当たったらラッキーって感じだし、結果的にその人の紹介で大手病院に移れました。

などなど何を使っても相性ってあるよね、って言うのが実際に使ってみた感触です。

とりあえず3つに登録してみてテレビを見ながら待っていたら、結構すぐに電話があったのがマイナビ看護師と言うサイトです。シングルマザーの案件も何個か見つけてたんです。

マイナビ看護師での登録の流れはこうでした。

マイナビ看護師公式ページを開く。

1.取得資格と希望の働き方にチェックする。

2.希望の勤務地、就業時期、条件、を入力する。

3.住所、生年月日を入力する。

4.氏名を入力する

5.電話番号(ハイフン無)とメールアドレスを入力して無料登録を押す。

マイナビ看護師にシングルマザーとしての希望を全部伝えておく

登録を終えたら2時間ほどでマイナビ看護師からアドバイザーみたいな人から電話が掛かってきました。

ここでさらにより詳細にヒヤリングされるので、自分がシングルマザーであることとか、できるだけ多く希望を伝えておいたほうが良いです。

控えめにシングルマザーなのを告げたときに「はい、大丈夫ですよ!」と言ってもらえたのがちょっと救われた気分になりました。敬遠される様子もなくて応援されてるかのように感じたのは、やはり今どきの看護師たちはシングルマザーも稀ではないんだなって。

後から希望を追加するとなると多分あちらも困りそうなのは予想できますし、後々自分に降りかかってきます。

そこまでの希望条件を満たす求人案件をその後でアドバイザーがまとめてメールで送ってくれたので、自分で検索する手間も省けたのです。もうここはアドバイザーとの電話のときに、この人なら変な求人は持ってこないかなと信用しても良いと判断したほどです。

40分くらい話してたと思いますので、他に応募者さんも沢山いるだろうに長電話させてしまってスイマセンと言う気持ちも出ましたが、私も必死でした。

当時はまだ外科に就業中だったので、なかなか時間が自由に使えませんでした。

なので片道2時間かかる地元のハローワークに何度も行くとか職場見学をするとか、結構きつかったのですが、マイナビ看護師のアドバイザーさんの場合は、私の代わりに職場訪問してくれて人事部の方などに質問もしてくれます

そのおかげで自分の時間を使わなくて済んだのはとても助かりましたね。

遠くまで面接に行っても1つの条件が合わなかったせいで不採用とか見送りなんてなる気持ちの余裕がほとんど無かったですからね。

マイナビ看護師のアドバイザーはよく有りがちな電話のオペレーターって感じでは全然違くて、看護用語を言っても通じるような、まるで看護師に精通してるコンサルタントな印象を受けました。

営業マンみたいな強引さは特に感じられません。

そっと手を差し伸べてくれて、一緒に立ち向かっていこうみたいな雰囲気。

むしろこちらを立ててくれるような言い方をしてくれて、たぶん賢い人なんだろうなというのを言葉の節々に感じさせられます。

このような人物を担当させられるのはさすが大企業なんだな~って。

シングルマザーだと舐められないように気張って言いそうなところですが、ここは甘えたほうが得策なのかもとか感じて、なのでこのアドバイザーを信用しても良いかなと思ったんです。

マイナビ看護師で転職活動を初めて3ヵ月後・・・

マイナビ看護師での転職活動では幾つかの案件で面談や、夫との親権の話し合いや、離婚準備、あとそれまでの外科勤務での引継ぎなどもあって、この頃は時間があっと言う間に過ぎていったと思います。

アドバイザーから提案された求人案件は4つほどいただいて、どれもが希望条件に当てはまっていてちょっと迷ったくらいでした。

あとは実際に見てみないと判断も付きにくいところだったので4つとも面談と職場見学をさせてもらうようになり、その日程調整はアドバイザーがやってくれたのも助かりましたね。

履歴書などは最初に送付されてあって、募集先も面談に応じてくれたのは書類選考も通った後と言うので、面談当日までの準備で、

  • 面談では何を聞かれるのか
  • どのような回答が適切なのか
  • 募集先が何を求めているのか
  • 過去に採用された人たちの事例

などのシミュレーションや回答例なども教えてくれました。

ハローワークでだと基本は1人で全部やらないとですし、丁寧にこんなところまで望めなかったかもと思いました。

マイナビ看護師から頂いた案件はどこも魅力的な職場で、そのうちから1つを選んで内定をいただいたのです。

アドバイザーは「他に候補があればそちらも対応しますので」と。

マイナビ看護師は、何でも良いから内定先に押し込むみたいにはせずに、じっくり考えて良い方針なんだというのも好感を持てましたね。

こうして内定先に決まって、無事に転職活動を終えることができました

私がずっとマイナビ看護師の仕組みとかアドバイザーを無料で使えていたのは、募集元からマイナビには内定者が入って初めて紹介料が入るようになっていて、たぶん年収の5%とか10%の計算で支払われてるんだろうなと。

でも別にこちらが何か被害を受けるようなものでもなくて、それでも高額で交渉できるスキルをアドバイザーたちは持っているんだと感じ取れましたね。

社会の仕組みって凄いなと改めて。

無事にシングルマザーとして3か月くらいで次の職場に移ることができました。

雰囲気や人当りなどは事前に確認通りにさほど問題もなく、今では子供との時間も取れてやっと落ち着いたって感じです。

悩んでいる時間よりも、行動していった結果で運命は変えられるんですね。